道場バンザイ

道場で実践される剣の道の本筋と、近くもあり遠くもある話を、師範・剣士 黒澤雄太が少しばかりくだけた調子で綴るエッセイのほか、道場からのお知らせなどを掲載します。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
この時代に真剣を持ち、剣の道を志すとは、ただ単に剣の歴史や文化といった狭い範囲に止まることなく、すべての先人達が残してくれた大いなる遺産である日本の歴史や文化に剣を持ってわけいり、自分自身の身体と心で丸ごと飲みこみ、咀嚼し、そしてそれを体現することだと僕は思っています。(本文より抜粋)
真剣----初めてそれを手にした時、老若男女を問わず、みな目を輝かせ、喜びにあふれた表情をするという。人の心の奥深くにある、最も原始的で純粋なところをぐっと掴んで放さない、「真剣」の魅力とは何か。試斬居合道の道場を主宰する著者が、その真髄を伝える。

amazon
セブンアンドワイ
師範の大伯父である作曲家・須賀田礒太郎の作品を集めたCD。小松一彦指揮、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏。音楽評論家・片山杜秀さんによる渾身の 解説つき。
須賀田礒太郎についての細かいことはbutokuin.comにて。

タワーレコード
HMVジャパン株式会社
剣と禅との関わりの深さを、自らが僧侶であり直心影流の剣士でもあった著者が さまざまなエピソードを通じて親身に語りかけるように著した本。
「宿無し興道」といわれた昭和の名僧が語りおろした戦前からのベストセラー。 この本に出会って生きる力のわいた人は数知れず、その力は今もって衰えるどこ ろか、 こういう時代だからこそもう一度この本を読むべき。
インドに一億人以上いる仏教徒の指導者は佐々井秀嶺師という日本人僧侶だと いうことを皆さんはご存知ですか? この本はその佐々井師の破天荒な人生を描いた大著。
岡本太郎は情熱的で、わがままで、自分の意見をはっきり持って曲げずにいな がら、人に好かれる男。 そんな男の内面からわき上がる命のエネルギーを言葉にした本。 絵や他の作品も素晴らしいけど、これを読むと太郎の見方がより多面体になる。
題名に反して小難しい論ではなく、紅顔の噺家達に向けて書いたエッセイ集。 師匠の小さんとのくだりや自分の弟子に対する気持ちなど、 大変勉強になり気付きに繋がるところの多い本。
「禅的生活」玄侑宗久
世に伝書のたぐいはいろいろあれど、この一冊にそのエッセンスを凝縮した良書。 抜粋なので、これを手始めに興味がわけば本編も読んでみればよし、 そうでなくても味読すれば得るところ多し。
「禅的生活」玄侑宗久
「岸和田少年愚連隊」の中場利一氏によるエッセイ集。 遊んで暮らすっていうのもかなりの体力と精神力が必要だ。 だったら普通に働いた方が安穏だよ凡人は、と笑いながら思う。
人生に必要なのは勇気とわがままと忍耐だとヘッセはいう。 服従を強いられるこの社会の中で、世の法律などに服従するのではなく、 我が心のままに従えと説くわがまま礼賛の書。
佐々井秀嶺師=バンテージーに初めて会った時のこと
以下の記事は2010年に書いたもので、しばらく非公開にしていたが、7月3日の奉納演武と対談の会「殺活自在の流儀」のために再掲載する。
これを読んで興味を持った方は、ぜひとも会に参加してほしい。
希代の仏教僧に直接会える数少ない機会、まさに「一期一会」だと思います。 

インド仏教の最高指導者である日本人僧侶、佐々井秀嶺師が44年ぶりの一時帰国をしてからもう一年以上の時間がたった。
佐々井師についての詳しくは「破天」(光文社新書)を読んでもらいたいが、苦悩をくぐりぬけたこの希代の名僧の存在は、二ヶ月あまりの一時帰国の間、多くの貴重なものを残していってくれたと思う。
一時帰国中に密着取材をしたドキュメンタリーディレクターの小林三旅君のレポートが、先日発売された「サンガジャパンVol2」に掲載されている。これを読むと、あらためて佐々井師の熱さと現代日本仏教との温度差を感じる。そして、その間に挟まれた人の困惑、つまり、仏教徒や僧侶ではないが、宗教心、あるいは信仰心は持ち合わせている多数の日本人が抱くであろう、現代日本の仏教や僧侶はこれでいいのかという素朴な疑問から発せられる違和感だ。

佐々井師の熱さは強烈だ。先の一時帰国の際にご縁をいただき、佐々井師の前で演武を披露する機会があった。この演武は私にとって特別な場であった。
真剣を目の前で振り回されて物体を截断されると、大抵の人はそれだけで「凄い」と感心して、そこで思考や感覚がストップしてしまう。なかにはそれをいいことに、鬼面人を威すようなことをして調子づいている自称居合家もいるようだが、道を求め実践するというのはそんな甘いもんじゃないのは言わずもがなである。
佐々井師の熱さは、道を求め実践する者、つまり求道者の持つ熱さである。それも半端な熱さではない。相手にとって不足は無し、不遜ながら私は会う前からそう感じていた。
私は人と出会うとき、常に真剣勝負でありたい。それが相手に対する礼儀だと思う。まずはお互いに敬意を持って礼をして、それから真剣にぶつかりあう。勝ち負けではなく、真剣勝負の場に飛び散る火花が好きだ。その火花がかけがえのない教えそのものなのだ。お互いに火花を散らし、礼をした後の爽快感は何物にも代え難い。
しかし現実には、なかなかそういった真剣勝負に乗ってくれる人は少ないのが残念だ。自称居合家にとってはメッキがはがれなくて気楽なもんだろうが、こちとら、それじゃあつまらない。
そう感じている時に佐々井秀嶺師だ。絶対に真剣勝負になると確信していた。
演武の場は佐々井師の弟子の寺の本堂の前、そこにどかっと腰を据え、私が差し上げた鉄扇を手に佐々井師は構える。刀を手に佐々井師の前に進み出で、作法通りに礼をした後、試斬演武をし、また作法通りに礼をして終わる。下手な緊張もなく、自分の力を出しきった。
「あなたが刀を手にして立ったとき、あなたの後ろに雲がわきでて、その雲の間から龍が現れた。あんたも龍の人だな。」佐々井師がおっしゃった。佐々井師が現在布教の拠点としているインドのナグプールは竜宮との意味で、その他にもいろいろと龍に縁のある、龍の人である。
「あんたに龍雲という法名をあげよう」と、ありがたい言葉を賜る。私は何よりも、いまだ若輩の私に手加減なしで真剣勝負をしてくれたことがうれしく、ありがたかった。
小林三旅君が書いている。「(佐々井師には)会って直接話すとみなが好きになる不思議な魅力がある。おそらく、あらゆる宗教者たちは、人の心に入り込み、人の心と関係することでその存在が成り立っているのだ。佐々井さんは、まったく無垢な状態で人の心に入り込むときがある。決死、孤独、闘争、そんなことを経験したとは思えない余裕がある。」
確かに佐々井師の魅力はそこだ。まったくの無垢だから、人の心に入り込んでも、入り込まれた人は嫌な思いをせず、むしろ佐々井師のことが好きになる。ただ、その無垢さは処女のような純潔性ではない。悩み、苦しみもがいてきた、いや、もしかしたら今も悩み苦しみもがいているからこその無垢さだ。
佐々井師の無垢さは一休禅師や白隠禅師、あるいは良寛さんらに通底する。この通底するものを、我々俗世に生きる凡夫はもちろんのこと、多くの宗教者ですらも見失っていやしないだろうか。
人と人とが本当に通じ合うには、欲得抜きでなければ本物ではない。言葉にすれば簡単だが、心の底から実践するとなると難しい。底の底まで自分の心をのぞいたことがあるか。それは実に苦しい作業だ。
ただ、それを実践して生きている人がいる、その人を目の前にして真剣勝負をすることで心が通いあい、言葉では言い表せない、言い尽くせない生きた教えをいただく。それが生命の活力となり、勇気にもなるのだ。


インド仏教最高指導者 佐々井秀嶺師を迎えて、剣士 黒澤雄太=龍雲による真剣試し斬り奉納演武と対談
「殺活自在の流儀」
7月3日 日曜日 15時30分より 四谷真成院にて
予約受付中
 
| バンテージ | 02:22 | - | - |