道場バンザイ

道場で実践される剣の道の本筋と、近くもあり遠くもある話を、師範・剣士 黒澤雄太が少しばかりくだけた調子で綴るエッセイのほか、道場からのお知らせなどを掲載します。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
この時代に真剣を持ち、剣の道を志すとは、ただ単に剣の歴史や文化といった狭い範囲に止まることなく、すべての先人達が残してくれた大いなる遺産である日本の歴史や文化に剣を持ってわけいり、自分自身の身体と心で丸ごと飲みこみ、咀嚼し、そしてそれを体現することだと僕は思っています。(本文より抜粋)
真剣----初めてそれを手にした時、老若男女を問わず、みな目を輝かせ、喜びにあふれた表情をするという。人の心の奥深くにある、最も原始的で純粋なところをぐっと掴んで放さない、「真剣」の魅力とは何か。試斬居合道の道場を主宰する著者が、その真髄を伝える。

amazon
セブンアンドワイ
師範の大伯父である作曲家・須賀田礒太郎の作品を集めたCD。小松一彦指揮、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏。音楽評論家・片山杜秀さんによる渾身の 解説つき。
須賀田礒太郎についての細かいことはbutokuin.comにて。

タワーレコード
HMVジャパン株式会社
剣と禅との関わりの深さを、自らが僧侶であり直心影流の剣士でもあった著者が さまざまなエピソードを通じて親身に語りかけるように著した本。
「宿無し興道」といわれた昭和の名僧が語りおろした戦前からのベストセラー。 この本に出会って生きる力のわいた人は数知れず、その力は今もって衰えるどこ ろか、 こういう時代だからこそもう一度この本を読むべき。
インドに一億人以上いる仏教徒の指導者は佐々井秀嶺師という日本人僧侶だと いうことを皆さんはご存知ですか? この本はその佐々井師の破天荒な人生を描いた大著。
岡本太郎は情熱的で、わがままで、自分の意見をはっきり持って曲げずにいな がら、人に好かれる男。 そんな男の内面からわき上がる命のエネルギーを言葉にした本。 絵や他の作品も素晴らしいけど、これを読むと太郎の見方がより多面体になる。
題名に反して小難しい論ではなく、紅顔の噺家達に向けて書いたエッセイ集。 師匠の小さんとのくだりや自分の弟子に対する気持ちなど、 大変勉強になり気付きに繋がるところの多い本。
「禅的生活」玄侑宗久
世に伝書のたぐいはいろいろあれど、この一冊にそのエッセンスを凝縮した良書。 抜粋なので、これを手始めに興味がわけば本編も読んでみればよし、 そうでなくても味読すれば得るところ多し。
「禅的生活」玄侑宗久
「岸和田少年愚連隊」の中場利一氏によるエッセイ集。 遊んで暮らすっていうのもかなりの体力と精神力が必要だ。 だったら普通に働いた方が安穏だよ凡人は、と笑いながら思う。
人生に必要なのは勇気とわがままと忍耐だとヘッセはいう。 服従を強いられるこの社会の中で、世の法律などに服従するのではなく、 我が心のままに従えと説くわがまま礼賛の書。
小学生の道場体験記

今年の夏は、海外からのお客さんなどもあり、いろいろな人が道場を訪ねてくれたが、なかでも印象深かったのが、高校時代の友人の息子である。

夏休みの課題に日本刀のことを取り上げたく、ぜひ道場にも訪問したいと、小学生とは思えない奇特なことを言う。

道場に来て会うと、一本スジの通った子で、礼儀正しく、活発な印象だった。

体験で木刀をふらせると、初めてなのにしっかりとできる。この辺は遺伝子なのか何なのか、端から刀が手につく人もいれば、いつまでたっても、手にも腰にもつかないヤツもいる。実に不思議である。

気合いの声もしっかり出て頼もしい。

その後の型や試斬稽古の見学でも、飽きることなく、集中してみていたのには感心した。大人でも緊張感に堪えられず、一時間あまりで逃げるように帰っていくのもいるのにである。

最後の掃除もしっかり手伝い、質問を受けると、この後刀剣博物館などにも行って刀をみて、課題をまとめるそうだ。

その成果が以下の写真である。

 

日本刀の特徴や、西洋の刀との違い、伝説となっている有名な刀剣、そして道場での体験などが網羅されている。本で読んだだけの知識や、耳学問、ネットの断片的な情報に惑わされず、きちんと自分で体験して、こうした形に落とし込んでいるところがえらいと思う。

昨今ゲームや漫画などの影響で、にわかに日本刀がブームみたいになっていて、それはそれで、刀を知るきっかけとしてはよいとも思うが、一方で、そういったブーム的な現象をみていて歯がゆく思うのは、自分の身体を一度通してみる、実際に体験してみたいという声の少なさである。

名刀の品格や、当時のサムライが何を志していたかは、刀を手にしなければ実際のところはわからない。翻ると、刀を手にすれば、それにまつわる、ありとあらゆることが、細胞レベルで、あたかも眼を開いたかのように観えてくるのである。

それにはもちろん、その人の能力や知性や、何よりも心の正しさ、潔さが求められる。

子供は総じて素直で、心ものびのびとして、垢や澱や浮き世のしがらみなどもないから、開眼するのも早いのだろう。

我が道場が、子供の学びの場になるのは光栄であるし、ブームで刀のことを知り、もっと自分の身体で体験したいという人のために活用されるようであれば、こちらもうれしく思う。

 

日本武徳院試斬居合道

師範・剣士 黒澤雄太

入門・見学案内

 

| 道場に通いたいと思っている人へ | 16:00 | - | - |